2020-10-17から1日間の記事一覧

銀河パトロール隊(1937 エドワード・エルマー・スミス レンズマンシリーズ)

スペースオペラ(宇宙を舞台とした冒険活劇SF)のパイオニアにして至高のシリーズ開幕編。 SF沼に引きずり込まれたきっかけになった作品でもある。 時ははるか未来、人類は太陽系、果ては銀河系の知的生命体との邂逅を果たし、彼らとともに一大銀河文明…

アンドロイドお雪(1969)

平井和正の初期単発長編。 近未来世界で、アンドロイドが人間の従僕として日常的に使われ始めた時代、主人公の若い刑事・野坂のもとに一体のアンドロイドがやってきた。 彼女の名はお雪。昔野坂が助けたことのある犯罪者が死ぬ間際に、彼のもとへ行けと雪へ…

南仏プロヴァンスの12か月(1993)

ロンドンのやりて広告マンだった筆者が、奥さんと二人ですべてを引き払い、南仏のプロヴァンスへ移住。 そこでの生活を12のエッセイでつづったもので、当時は爆発的なベストセラーとなり、プロヴァンスブームを巻き起こした。 もう何度も読み返しているが、…

神様はバリにいる(2015)

主人公の祥子(尾野真千子)は日本で仕事がうまくいかず、借金まみれで失意の中バリへ。そこでたまたま出会ったのは、すごいお金持ちで、現地の人ととても仲良くやっていて、でも下品で下世話で汚い服を着てべらんめえ調な関西弁の男、アニキ(堤真一)であ…