牙狼<GARO>-月虹ノ旅人-(2019)

 人気特撮作品「牙狼GARO>」の最新劇場版。

牙狼は2005年にテレビシリーズが放映開始された特撮だが、別の主人公が同じ牙狼を演じる別シリーズが始まったり、主人公の息子が主人公になったり、スピンオフでアニメがあったりといろんなパターンの作品が作られている。

本作は最初のシリーズの主人公の息子が主役のテレビシリーズの劇場版。

なんかややこしいな・・・

父・綱牙から、魔戒騎士最高位である牙狼の称号と鎧を継承した冴島雷牙。魔界に連れ去られた母と、それを探しに旅だった父を待ち続けている。

前テレビシリーズで絆の深まった少女・マユリが謎の男・白孔の術によって連れ去られ、その後を追い魔導列車へ乗り込む雷牙だが・・・

2005年に始まった冴島綱牙のシリーズの集大成ともいえる作品で、雷牙を助けるべく綱牙、そしてその父である大河、三世代が一堂に会して敵と戦うという胸熱シーンがあり、ファンは涙なくしては見られない。

牙狼がすごいのはその独特の世界観で、総監督・雨宮慶太による、日本とも異国ともつかない面妖な衣装や装飾、敵である「ホラー」の造形が他では見られない。

また、アクションに一切の妥協がなく最初から最後まで迫力のある殺陣、完全に大人向けの特撮としてちょいエロと迫力のあるホラーの残虐な演出で、毎回期待を裏切られることがない。

人を守りし者である魔戒騎士たちの志の高さや、それをサポートする魔戒法師たちのユニークな技がかっこよく、一人一人にストーリーがあり、戦いがあるのがまたよい。

それを演じる役者がまたそれぞれ魅力的で、牙狼以外の作品に出ていてもついつい追いかけてしまう。東映特撮にも出ている役者も多く、この人はライダーに出てた、この人は戦隊に、と見比べるのも楽しい。

あまりメディアを買う方ではないのだが、牙狼の冴島綱牙編だけは特別で、これまでDVDやBlu-Rayを買い集めてきており、本作もコンプリートボックスを買ってしまった。

通常版は4千円ちょっとなのに、コンプリート版だと1万1千円。足元見られてる・・・でもこのお金で次の作品ができると思って、頑張って買いました。

これからウキウキしながら特典映像を観る予定。楽しみ~。