スネーキーモンキー 蛇拳(1978)

 ジャッキー・チェンの名を世に知らしめた名作。

清朝時代の中国、この時隆盛を極めていたカンフーの二大流派、蛇形派と鷹爪派の勢力争いは熾烈を極めており、鷹爪派は蛇形派の使い手を次々に殺していた。
大きなカンフー道場の下男として働いているお人よしの青年ガンフーは、道場で殴られ役をやらされ、いいようにこき使われる毎日を送っていたが、ふとしたことである老人を助け、自分の下宿にかくまって茶をふるまう。
その老人こそ蛇形派の長老であり、鷹爪派の追ってから逃げていたのだった。
ガンフーの不憫な状況に心を痛めた長老はガンフーに蛇形拳を伝授する。
めきめきと上達し、道場でもその技を披露して皆を感心させるが、その様子を鷹爪拳の頭領に見られてしまう。
長老の知人を装ってガンフーに近づいた鷹爪拳の頭領。自分の力を誇示したくて手合わせしたガンフーは頭領に手も足も出ない。
そして蛇形拳の頭領を見つけ追い詰める鷹爪拳の頭領・・・

今更ネタバレしても誰も困らないと思うので書くが、最後ガンフー=ジャッキーが鷹爪拳の頭領戦う際にヒントにしたのが、蛇をたたき伏せる猫。
なので最後の必殺技は猫拳であり蛇拳ではないと思うのだが、作中では「よくやった」的に長老に褒めてもらっていた。いやいや、「蛇の拳なのに猫入れんな!」と怒りたいよなぁ、と初めてこの映画をテレビ放映で見た小学生の僕は思ったのであった。
あと、鷹爪拳って、唐辛子だよなそれ?かっこ悪いわ。
でも映像ではめっちゃ強そうに見える。
蛇形拳長老は監督:ユエン・ウーピンの父で、酔拳の師匠としても登場する。
よぼよぼな見かけなのにカンフーは強そうなんだよな~。
毎度おなじみの修行シーンでは鍛え抜かれたジャッキーの肉体美が拝めるが、特撮やCGではこれはできないでしょう。必要な筋肉だけが美しく鍛えられており、ほれぼれしてしまう。
カンフーは半分は舞踏のようなもので、実戦ではあまり強そうではないのだけど、型は美しく、戦いはかっこよく、そして力強いというほかの武道にはない魅力があってよい。

蛇拳 (字幕版)

蛇拳 (字幕版)

  • 発売日: 2015/01/08
  • メディア: Prime Video