トップガン(1986)

言わずと知れたトム・クルーズ出世作。最近まで見たことがなかったのだが、次作のCMがテレビでバンバン流れるようになり気になったので観てみた。

ピート・ミッチェルはアメリカ海軍の戦闘機乗り。自分の感覚を頼りにフィーリングとパッションで戦闘機を乗りこなすパイロットで、レーダー要員のグースとタッグを組んでいるが、その破天荒な仕事ぶりにより上官から目をつけられている。
しかし、エースパイロットのクーガーが国籍不明のミグとの戦闘で恐怖感がぬぐえなくなりパイロットの職を辞したことで、海軍航空基地のエリート養成学校(トップガン)へ赴くことになる。
くせ者ぞろいの同級生、たたき上げで厳しい教官の中でピートとグースは揉まれていくが、その中で民間の軍事技術教官・チャーリーに一目ぼれし、次第に恋仲になっていく・・・

観終わって一番疑問だったのは、「これは『愛と青春の旅だち』のリメイクなの?パクリなの?」という点である。
ググりまくったのだがその点に言及している公式ないしはマスコミの記事はない。
どういうこと??
まあ、

 ・主人公は破天荒でルールを守らないワガママ男
 ・軍隊的な学校でしごかれる
 ・現地でキュートな女性に一目ぼれし恋に落ちる
 ・途中で友達が死んで落ち込むが、立ち直る
こういう話は王道過ぎるので、今更パクったとかリメイクとかそういう次元ではないのかもしれないが・・・

アメリカ海軍が全面協力しただけあって、戦闘機のシーンは大迫力。今見てもすごいので、当時観た人たちが熱狂したのもよくわかる。
そしてトム・クルーズが、おっさんの眼から見てもキュンキュンしてしまうくらいキュート。これでは世界中の女性を虜にしても仕方あるまい。
また、周りの野郎どもよりちょっと小柄なのがいいんだよね。

日本でもリメイクというかパクリというか、いろいろ作られており、まんま戦闘機乗りの「BEST GUY」という劇場版は、当時レンタルで観た記憶がある。
また、「海猿」も舞台は違えどほぼほぼ同じ流れを汲んでいる。

これだけヒットした作品であるにもかかわらず続編が作られなかったのは、それで本作の価値が相対的に下がってしまうことを危惧したトム・クルーズ自身が次回作製作権を買い取ってしまったから、というエピソードがすごすぎる。
そんなもん個人で書いとれるの? まあ大ヒット作の主演だし、お金はあるのかもしれないが、何ともスケールの大きな話である。

そうなると俄然、次回作「トップガン マーヴェリック」が気になるところ。どうかな~?