Panasonic ESLV9ZL2507 (ESLA50L2507N 後継品) (ESLV9XL2507 同等品) パナソニック シェーバー用蓄電池

2015年にパナソニックラムダッシュ(ES-EFV8)という5枚刃のシェーバーを買い、以来ずっとそれで髭を剃ってきたわけだが、最近充電が持たないようになってきた。
何しろ満充電の直後でも1回剃り切らないうちに切れてしまうので重症である。
さすがに7年もたっていればそりゃ使えなくなるよなぁ、と買い替えようと思いかけたのだが、もしやと思いググってみると、あったあった、充電池の交換方法が。

公式では「販売店で交換してください」になっており、自分で分解すると部品の破損により防水機能が損なわれる危険がある、と取り扱説明書には書いてある。
https://panasonic.jp/shaver/p-db/ES-ELV8_manualdl.html

売店交換は相場では6100円だそうである。
それなら買い替えるよなあ、
だが、そこは自己責任で充電池を買い、交換することにした。

 意外と需要はあるようで、楽天でもAmazonでも普通にいろいろ売っていたが、たまたま楽天のポイントが余っていたので楽天で購入。

item.rakuten.co.jp購入当時の価格が647円。安い!

あとは分解して電池を交換するだけ。
要所要所で気を付けなければいけないポイントがあるが、それは各位が掲載されているブログやYoutubeに詳しく、ググればいっぱい出てくるのでそちらご参照。
自分でやって思ったのは、
・一度も開けたことがないのにすでにネジ山がナメられてる。なぜだ!?
・ちっちゃい爪で薄いプラスチックのカバーがかぶさっていて、今にも爪が折れそうで怖い。無理やりドライバーをねじ込んだりせず、慎重に押したり引いたりしているといつかぽろっとはずれるものだ。
・必死こいて開けようとしていたカバーの部分が実はただの溝で、そこより更に深い位置から外さなければならない、ということにブログ3つとYoutube2編見てやっと気がついた。
・最深部のネジの何本かがやっぱりナメられている。誰だよ・・・
・電池に「2015.4」と油性マジックで書いてあった。犯人はお前(電池入れた人)か!
などなど。
ほぼ放電されていたので、一から充電。充電が終わるとまるで買いたてのような頼もしいバッテリーの持ち方。すばらごい!また当分の間使えるな。

ラムダッシュは毎回使った後に洗浄装置に突っ込んで、半年ごとに交換する機械油入り洗浄液で洗浄・乾燥することで5枚刃のいい状態を保つ仕組みになっている。
毎日けたたましい洗浄音を響かせながら洗われているのだが、最近その洗浄音に異音が混じるようになってきた。
おそらくそっちももうイカレかけているのだろうな。
せっかく電池を交換したけど、そちら次第だな~。
まあでも興味深い世界が垣間見れたのでよし。