ユニフレーム ツインバーナーUS-1900

最初のうちはカセットコンロで調理することが多いキャンプ。しかし徐々に慣れてくると、コンロが二口あると便利だなぁと思うようになってくる。
一昔前だと、ホワイトガソリンを使ったコールマンのツーバーナーが主流で、キャンプ場のあちこちでプシュープシューとポンピングする音が聞こえるのが普通だったが、その後より簡単なコンロとしてOD缶(OutDoorの略。登山など高地・低温でも使用できるガスカートリッジ)を使ったツーバーナーが登場し、我が家でもコールマンのOD缶ツーバーナーを購入し、長らく使ってきた。
しかしながら、OD缶はキャンプの時しか使用用途がないことと、独特な形状をしているがために荷物の中でも容積を占有することから、使いづらいなあと内心思いながら使っていた。

そんな中、ユニフレームやSOTOからこのCB缶(Cassette Gas Bombeの略。いわゆる家庭使用のカセットコンロでよく使われている長細いボンベ)向けのツーバーナーが出たことで可能性が広がった。うちで行くキャンプは、いわゆるファミリーで楽しくキャンプできるようなキャンプ場にしか行かないので、高地でもなければ低温でもない。CB缶で十分である。

当時、ユニフレームとSOTOのどちらにしようか相当悩んだのだが、作りがしっかりしているのと見た目のカッコよさでユニフレームを選択。当時はまだゆるゆるだったふるさと納税で、モンベル直営店のポイント券を出している自治体があったので、そこで納税する代わりにポイントをゲットし、新宿のモンベル直営店で本品を入手したのだった。

実際に使ってみると、予想以上に使い勝手が良いのに驚いた。炎は十分強いし風にも強い構造。真下にCB缶を付けるのだが、その状態でも使えるように足がついているのでテーブルの上などでも使える。何よりCB缶は運ぶのが楽で、荷物としてパッキングしやすいし、ガスが残っても自宅で鍋をする時に十分消費できる。これは便利や~!

ファミキャンメインの人には自信を持ってお勧めしたい逸品。