ドラゴン・キングダム(2008)

やたらとAmazonのおすすめに出まくってくるので根負けして観た。こういうの観ちゃうからおすすめ更に出てくるんだよな~。

ボストンに住むジェイソンは、カンフー映画が好きで憧れているオタク少年。今日も中華街の質屋でカンフー映画を買ってきた。帰り道で不良に絡まれ、脅されて質屋への強盗の案内をさせられ、激高した不良のリーダーが老主人に発砲、胸を撃たれる。
ジェイソンも口封じのために不良に詰め寄られて絶体絶命になった時、手にした棍棒と共にビルから落下。あわや地面に激突と思われたその時、彼はなぜか古代の中国の農家で介抱を受けていたのだった。
村に押し寄せた軍隊の兵たちの手から救ってくれたのは旅の学者ルーで、ジェイソンが手にした棍棒孫悟空のものであると告げ、点綴と孫悟空、ジェイド将軍の確執を語ってくれたのだった。
棍棒を奪取するために押し寄せる将軍配下の兵たちから辛くも逃れたジェイソンと、将軍に敵対する少女スパローに助けられ、棍棒孫悟空へ渡すための旅に出る。

正直観始めたころは、中途半端にカンフーが好きなアメリカ人が趣味で作った映画だろうくらいにしか思っていなかったのだが、そういう視聴者であるこちらこそが中途半端な観客だったと思い知らされた。
制作者のカンフー愛は大変なもので、オリジナルを作りながらも自分の趣味をとにかく最優先にする潔さが心地よい。
その頂点となっているのがジャッキー・チェン演ずるルーとジェット・リー(リー・リン・チェイ)演じるサイレント・モンクが出会い戦いとなるシーンであろう。正直ここがクライマックスと言ってもいいくらい。ここ観たらもう席を立って帰っても何も損しない。それくらい夢のシーンだし、これが制作されたころは既に二人とも相当な御歳なわけだが、それを感じさせない迫力のバトルシーンが圧巻。これが観たくてこの映画を撮ったんだろうな~。
なので、主役が霞みまくってしまうのは致し方ない。伝説の二人に師匠になってもらうのもファンとしては感涙もののシチュエーションで、その結果そんなに強くなってなくてもいいのよ。その生きざまが魂に刻まれればそれでよし。
そして最初から孫悟空ジェット・リーが演じているので二役なわけだが、サイレント・モンクの正体は迂闊ながら気がつかなかった。なるほどそういう伏線回収かぁ。素直に感心した。
絶対そういうシーンがあるとは思っていたが、ラストでその期待通りに不良たちをナード少年がカンフーで叩きのめすシーンはスカッとした。そうこなくちゃね。

そしてエピローグで、助かっていた質屋老主人とのワンシーン。そうかそういうことだったか。こちらも気がつかなかったなぁ。