笑's・焚き火グリル A-4君

 以前、B6君の記事を書いているので、ほぼほぼ二番煎じになってしまうが、こちらも持っており、この週末も使ってきたばかりなので書く。

畳むとA4サイズのファスナー付きクリアファイルにすっぽり収まるサイズなのでA4君。
いわずとしれた焚火台兼グリルなのだが、B6君がソロ用であるのに対してこちらA4君は一回り以上大きく、ファミリー向けとも言える。
とも言える、というのは、盛大に焚火がやりたくて敢えてソロで使っている人も多いからなのだが、それは仕舞い寸法がとても薄く、持ち運びに便利だからである。
ソロで使えるくらい運びやすいのに、組み立てるとそこそこの大きさのグリルになり、その堅牢性からガンガン焚火を燃やしても大丈夫という頑丈さがよい。
我が家は家族3人だが、この大きさだと食べるものが3人分いっぺんに焼けて便利だし、大きすぎて持て余すこともないくらいのちょうどよい大きさ。
最初は炭を使って調理をして、残った炭の上にそのまま薪をくべてから火吹き棒でぷうぷう吹けば、すぐに薪に着火して焚火が楽しめる。
B6君だと通常売られている薪はちょっと長すぎて持て余すため、焚火ができるとはいえ一工夫いるのだが、A4君は通常の長さの薪でも十分そのまま使えるのが便利。
B6君とも共通しているが、横にデザインされている笑’sのドット字から漏れ出る炭や火の色がとても美しくて映えるし、組み立てたり畳んだりするたびに、よくできているなあと感心してしまう。
なお、鉄板プレートは別売りなので、セットで買った方がお得。標準付属のロストルはすぐに熱でひん曲がってしまい、そのままでも使えなくはないがセットになっているロストルの方が強固なので、買っておいて損はない。