劇場版「SHIROBAKO」(2020年)

オリジナルテレビアニメの劇場版。

アニメ制作会社「武蔵野コーポレーション」は、えくそだすっ!』『第三少女飛行隊』等の元請制作をこなし勢いづいていたが、オリジナルSF作品『タイム・ヒポポタマス』がメーカー側からの物言いにより制作中止になり、試練の時を迎えていた。
古株の制作として社に残っていた宮森あおいは、二代目社長・渡辺からオリジナル劇場アニメの制作を提示される。『空中強襲揚陸艦SIVA』というタイトル、10か月後の公開だけが決まっていたその作品は、以前からのなじみであるエスタン・エンタテイメント:葛城プロデューサーが持ち込んだ曰く付きの企画であった。
無理難題に近い条件にひるむあおいだったが、同僚たちに励まされ、プロデューサーになることを決意する。
前作以来くすぶっていた木下監督をはじめ、以前懇意にしていたメンバーに協力を仰ぎ、スタッフが揃っていく武蔵野アニメーション。そしてあおいの高校時代の仲間たちもプロとして試行錯誤し苦しみながら、「SIVA」にそれぞれの立場でかかわっていくのだった・・・

ストーリーがだいぶ駆け足なのに、途中に挟まるミュージカル調のシーンが入る。これ必要だったのかな?まあ心象風景の描写という意味ではわからなくもないが・・・

あおいたち仲良し5人が、社会人としてアニメにかかわりながら数年の修行を経て、それぞれの立場でプロフェッショナルとして経験を積んでいる様子が垣間見えてほっこりする。もちろんまだ若手なのでだいぶ迷ったり苦しんだりしているが、それがまたよい。
努力すれば報われる世界ではなく、偶然や運でも左右される厳しい世界だが、この作品の中では苦労が身になってよかった。
最後、「やっぱりラストシーンを作り直しましょう」のくだりはきっとあるあるなんだろうなぁ。ものすごく大変そうで頭が下がる。
これを見るたびに、アニメを見る時は居住まいを正さないとなぁと改めて思う。